保育士が「親子のコミュニケーションってなに?」にお応えします

長年保育に携わる中で夏休みは1年で1番お子さんが伸びる時期だと確信しています。

理由は2つあります。

1.普段では出来ない経験を沢山することが出来るから

2.親子のコミュニケーションの時間が増えてお子さんの情緒が安定するから
情緒が安定すると「〇〇をやってみたい!」という好奇心や、「次は〇〇を頑張ってみよう!とする意欲が引き出されます。それをパパやママが応援してあげるとお子さんは想像以上の力を発揮してぐんぐん伸びていきます。

では親子のコミュニケーションって具体的にはどんなことなのでしょうか?

・ スキンシップをする(抱っこややおんぶといった直接お子さんの体に触れることや、手遊び・親子で出来る体操などでもスキンシップが出来ますよね!パパやママのお膝の上で読み聞かせるのも効果的!手を繋いで走る、高い高いをするという遊びでもOKです!保育の仕事をしていると、お子さんはスキンシップが大好きなことを強く感じます)

目と目を合わせて話をする(お子さんの目を見ないで適当に聞いていると、お子さんもそのような話の聞き方になります。きちんと聞いてあげるというのはお子さんの目の高さまで腰を下ろして目と目を合わせて話すことです。パパやママが携帯をいじりながらお子さんと話すせば、お子さんはきちんと聞いてもらえないことを学習してしまい、話す意欲がなくなるので要注意です)

同じものを見る(絵本やテレビやDVDでも良いのです。要は同じ物を見て同じ時間を共有し、それについて会話をすることが大切です。)

お子さんの好きなことを一緒にする(これはお子さんが喜ぶことの1つですね!自分の好きなことに理解を示してもらえるとお子さんは嬉しいものです。大人だって自分の好きなことに興味を示してもらえたり共感してもらえたら嬉しいですよね!時間に追われて普段は出来ていないなぁと思っている方は夏休みに時間をつくってくださいね!)

・他には一緒に寝る、一緒にお風呂に入る、食事を一緒に作る、一緒に食べる、一緒に笑うなど「一緒」がキーワードになります。このように特別なことをしなくても、これだけで親子のコミュニケーションになるんです!

以上です。夏休みに出来そうなことを親子で1つやってみてくださいね!

夏休み明け後にお子さんの表情がたくましくなったり、自信に満ち溢れていたらコミュニケーションが上手くいった証拠ですよ!パパやママは毎日お子さんのお顔をご覧になっているので分からないかもしれませんが、私は保育士として一瞬で分かるので『うちの子成長したかなぁ?』とご心配な方は私にお子さんのお顔を見せてくださいね。笑

さて、ひよこ親子教室ではお子さんが成長する機会を提供しています。

8月9日(木)の0歳~小学6年生対象のひよこ祭り は満員御礼となりましたが、4名のキャンセルが出たので今から募集を開始します。お子さんをこの夏に伸ばしたい方、親子のコミュニケーションを図りたい方、とにかく楽しいことを体験したい方のお申し込みをお待ちしていますね♡ 一般の方でもご参加可能ですよ!下記のお申込みフォームか、メール、LINE@などからお申込みくださいね!(お申込み期限は今週日曜日までとさせていただきます)


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

保育の現場から「 園児の体調の変化の見極め方」

猛暑が続いていますね。

ベビーカーで14時~16時まで出掛けていたお子さんが熱中症になったというニュースを先日見かけました。

子どもってさっきまで元気だったのに、具合が悪くなるのはあっという間なのでびっくりしますよね。特に低年齢であればあるほど急に具合が悪くなるので要注意です。

ひよこでも保育園でもお子さんの体調変化にすぐに気付くことは保育士の仕事の1つです。

では保育士はどういう場面で園児の体調変化に気付くのかを箇条書きにしますね。

・顔色(いつもより青かったり、ニコニコしなかったり、目がトロンとしていると会った瞬間に『あれ?具合が悪いかも・・・』と思います。)

・身動きをしない(だるいのでしょうね、あまり動かなくなります)

・食慾がない(『いつもより食べないなぁ』と感じて熱を測るとあったりします。例えこの時点でなくても、お昼寝後に熱が高くなる子もいます)

・ウンチの緩さ(健康のバロメーターですね!)

・抱っこした瞬間の肌の熱さ(私はこれですぐに気付きます。洋服越しでも分かりますし、手を繋いだ瞬間でも分かります。園児の平熱は担任なら把握していますし、担任ではなくても平熱の高い、低いは分かっているので判断材料になります。ひよこのお子さんの体温の高さは出席シールを貼る時に、私の膝の上に来た時に分かります)

・保育園では早番専門で勤務しているので、園児の登園の受け入れをしています。その際には園児にキズや湿疹はないか、目の状態(目やに、涙、結膜炎等で赤くなっていないか)、鼻水や咳の有無などを目視します。そして気になる点、例えば傷があるときは、いつ、どのようにして出来た傷なのかを保護者に確認をして、担任の先生に報告をします。登園時に少しでも体調が悪い時は1日気にかけながら保育をします。(体温を普段より多く測る、水分を多めに摂らせるなど)

以上です。どれも当たり前のことばかりですが、普段からお子さんを良く見ていること、抱っこをしたり、触れ合いながら遊んでコミュケーションを図ることが早めに気付くポイントとなります。

体調の変化に早く気付けばその分早く対処が出来て、可愛いお子さんの体調を悪化させずに済みますので、ご家庭でも参考にしてくださいね。

保育士にとっての当たり前が子育て中のママにお役に立てたら嬉しいです♡


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

お子さんが食事を食べるための10の工夫(後編)

昨日の続きです。

ひよこ親子教室の2歳児クラスのママ達から食に関してこんな話が出ました。

⑥お兄ちゃんが美味しそうにきゅうりを食べたら弟も食べました。

⑦いつもはおかずを各々に小皿に盛っていましたが大皿1つに盛ってみました。大人が大皿からおかずを取っているのを見て、子どもも真似をして大皿から取って食べました。

⑧家で「食べる食べない」でバトルするのは親のストレスになるので、お昼ご飯は児童館で食べています

それでは私から補足しますね。

⑥はお兄ちゃんが一役買ってくれたのですね!パパやママが美味しそうに食べることも大事ですが、ご兄弟が美味しそうに食べてくれることも効果大ですね。食事に楽しい雰囲気が大事なことが良く分かるエピソードです。

⑦これはとっても面白い工夫ですね\(^o^)/子どもは大人の真似をしたがるので、その習性を上手く利用した方法だと思います!いつも色々な工夫をされているKさん、素晴らしいですね!

⑧少しでも親のストレスは減らしたいですよね!!!とっても良い方法だと思いました!私も我が子が小さい時はお昼ご飯は公園で済ませていました。

・・・・・・・・・・・

ここからは私からの提案です。

⑨ご飯をなかなか食べないお子さんには、おにぎりにすると食べる確率が一気に上がります!

⑩保育園で食が進まない園児がいる時には食べさせる先生をチェンジすることがあります。そうすると園児の気分も変わって食べ始めるんです。これを応用して2組以上の親子で食事をする時には、お互いの子どもを食べさせるのも手かもしれませんよ!ママだとどうしても甘えが出て、食べたくない物は絶対に食べないお子さんでも、他のママだと食べる可能性があります(*^-^*)

以上です。テレビをつけないなどの基本中の基本のことは省きました。また良い方法が思いついたらブログでご紹介しますね。

夏休みは親子共に色々なことにチャンレンジ出来る絶好の機会です。10個全部チャレンジしてくださいとは言いませんが、何か1つでもチャレンジしてみると1歩前進出来ますよ!

お子さんの食が進んで、食事が親子共に楽しい時間になることを願っています☆彡


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

お子さんが食事を食べるための10の工夫(前編)

今日もお子さんの食事について綴りたいと思います。

昨日のブログを見て、学童保育に勤めている友人からメールをもらいました。

「小学生も夏休みだから一緒にお弁当を食べると喜びますよ!
こっちに来て!って言われることもある位です。
普段は一緒に食べる機会が無いから余計に嬉しいのだと思います。
好きな先生だと特に喜びますしね。
だけど、お弁当の中にあえて子どもが嫌いなものを入れてるお母さんが意外に多いことに驚きます。
子どももお約束でもしているのか必死に食べていて💦
皆はさっさと食べ終わるのに、嫌いなものを最後にしてなかなか食べ終われないのです。
あれだと、この先嫌いな食べ物は決して好きな食べ物に変わることがないように思います。」

ということでした。
小学生になっても食事の時間は楽しい方が良いことが分かるエピソードですね!嫌いな食べ物をあえて入れるのは『家では食べないから学童で食べていらっしゃい!!!』というママからのメッセージでしょうか???

さて、ひよこ親子教室で食事に関する悩みを多々耳にするので、保育園の調理師さんにどうしたら食べるようになるのかを昨年聞いたんです。その答えをメールでもらい、たまたま今日そのメールを目にしたのでご紹介しますね。

①親子で一緒にクッキングをする 
②親子で一緒にプランター栽培など野菜を育てる
③おやつはほどほどにして食事までに空腹にする、身体を動かして空腹感を得る
④料理は盛り付けに一工夫を!(型抜き野菜や、デコレーションなど)
➄親が一緒に食べる(美味しそうに)

私から補足しますね。

①に関しては0歳児だと無理だと思われるかもしれませんが、保育園で食育をする時は0歳児も参加しています。どんな内容かと言いますと、野菜に触れてみたり、ビニール袋に茹でたジャガイモが入っていて、ビニールの上からニギニギして潰したりします。先日の食育では1歳児は枝豆の茹でた物を指で押して、中身を取り出すことに挑戦しました。最初は手加減が分からず枝豆が床に飛んでいましたが、最後の方は上手に取り出していましたよ!加工する前の食べ物に触れてみると、食に興味が湧くかもしれませんね。

②我が子が小さい時にキュウリやナス、枝豆、プチトマトをマンションのベランダで育てて野菜に興味を持たせるようにしました。子どもが水やりをしたり、一緒に収穫をしましたよ!種から育てなくても今は苗が売っているので、比較的簡単に育てることが出来ます。トマトが嫌いで絶対に食べないお子さんが、取れたてのトマトをその場で食べたら美味しくて全部食べたというご報告もいただいています。「自分で育てる」「新鮮」は野菜を食べるキーワードです。

③も大事ですよね!空腹感を得るためには生活リズムを整えることがとても大事なのですが、これを語りだすと長くなるのでまた今度にしますね。家で何か食べたいとぐずぐずされるぐらいなら、食べる直前まで外で遊んで一気にご飯を食べさせるのも手ですね!

④食の細いお子さんのママはきっと色々な努力をされていると思います。それでも食べないと頭に来たり悲しくなったり虚しい気持ちになりますよね。ですから④はほどほどに挑戦してみてくださいね!

➄出ました~、私と全く同じ意見です!!!楽しい雰囲気と家族で一緒に食べることは食事をする上でと~っても大事なんです!!!何の準備をしなくてもすぐに出来ることなので是非やってほしいことの1つです。

長くなってきたので後編は明日アップしますね!


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

食事を食べないお子さんに対してご家庭で出来ること

お子さんが食事を食べないことをお悩みのママは多いと思います。

勤務している保育園の1歳児クラスでの出来事に、食べるヒントを見出したのでご紹介しますね。

おやつに手作りクッキーが出ました。

いつもは園児の分しか提供されないので、保育士は園児の食べる様子をそばで見ています。

でもその日は保育士の分も提供されたので、私も男の子4人のテーブルで一緒に食べることになったんです。

私が食べた瞬間、園児の目が私に集中しました。しかもおやつの時間に見たことのない位のとびっきりの笑顔で。

『なんでこんなに見られているの?』『なんでみんな笑顔なの?』と私の頭の中は?だらけになりました。

「クッキーおいしいね~!みんなで一緒に食べるともっとおいしくなるね~!」

と私が笑顔で話かけると、園児もおいしそうに食べ始めました。しかも甘いものが苦手な園児も食べ始めたのでビックリ!!!

3歳~5歳のクラスの担任は園児と一緒に昼食を食べます。

でも私はフリーとして0~2歳児に入ることが多く、園児に食べさせることはあっても一緒に食べる経験をしたことがなかったんです。

だから一緒に食べるとこんなに園児が喜んでくれて、食べる効果があることに気付くことが出来ませんでした。

『完食させたい』『時間内に食べ終えなければいけない』という思いがどこかにあったから気付けなかったのだと思います。

そんな大事なことに気付けなかったこと、食事の時間が楽しい雰囲気に欠けていたことを保育士として本当に恥ずかしく思います。

でもこの経験を通して、自宅での食事も同じことが言えるのではないかと気付いたんです。

バランス良く食べて、栄養を摂ってほしいと願うママのお気持ちは良く分かります。でもそのために必死になってしまうことはありませんか?

その必死さが楽しい雰囲気ではないどころか、お子さんにとって辛い時間になっているとしたらママとしては悲しいですよね。

だからこそ楽しい雰囲気の中で家族が一緒に食事をすることが大事なんです!!

家族全員が叶わないのであれば、せめてママやご兄弟だけでもご一緒に。

その時は大人が美味しそうに食べて「一緒に食べるとおいしいね~」と笑顔で声を掛けることもお忘れなく!

抽象的なアドバイスになりますが、ご自宅で出来る簡単な方法ですのでどうぞお試しくださいね。

大切なことに気付かせてくれた1歳児クラスのボーイズくんたちに感謝です!


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

夏休みの計画を立てる際に見て欲しい物とは?

それはズバリ「市報」です!

私が住む市では、市からのお知らせが書かれた市報が1日と15日に各家庭に配布されます。

7月1日号に目を通していたところ、お子さん向けの夏休みのイベントがたくさん載っていました。

児童館や、図書館、市などが主催するイベントです。

その中で我が子が小さかったら、是非参加させたいなぁと思ったのが1日図書館員。

普段出来ないような生きた学習をする機会を目にすると、私の方がワクワクします。笑

我が子も市報を見て参加した行事が色々あります。

農業体験、オーケストラをバックに童謡を歌うイベント、田無市と保谷市の合併の際には合併記念市民ミュージカルにも参加しました。

このミュージカルは、当時劇団四季を退団されたばかりの監督や音楽担当の先生がプロデュースをされて、通常では絶対にお目に掛かれない先生方から御指導を受けたんです。

市報を通じて貴重な経験の数々を我が子はさせてもらい、親として本当に感謝しかありません。

こういう生きた経験を経て、我が子がどんどん成長してたくましくなるのが分かりました。

私がいつも「経験が大事」だと言うのは、経験をして得られることがどれだけ生きていく力になるかを実感しているからです。

夏休みの計画を立てる際に、市報から興味のあるものを探すのも良いですし、どうしても見つからなければひよこ親子教室でそのような場を提供しています。

夏休みのイベントのお申し込み期限は本日午前10時です。

ありがたいことに全てのイベントにお申し込みされた方もいらっしゃいます。

お子さんに沢山の生きた経験をさせたいママからのお申し込みをお待ちしていますね!


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

保育の現場から~お子さんは日々頑張っています~

今日は保育園での1場面にクローズアップしたいと思います。

園児にはそれぞれ大好きな先生がいて、0歳~2歳のクラスの園児を見てると、

お散歩の際に大好きな先生じゃないと手を繋がなかったり、

大好きな先生じゃないとお着替えも嫌、

大好きな先生じゃないとトイレも泣いて嫌がる

・・・となる場合があります。

小さくても全力で「大好きな先生が良いの~!!!」って主張するんです。

そこまで好かれると先生冥利に尽きますけどね。笑

では、大好きな先生がいない日はどうなると思いますか?

お散歩の度に、お着替えの度に、トイレの度に大泣き

・・・ではなく、2番目に自分の心を許している先生の元でちゃんと上記のことをするんです。

「〇〇先生じゃなきゃ絶対イヤなの~」と泣く姿を普段見ているだけに、気持ちの切り替えにはあっぱれとしか言いようがありません。

お家では上手に気持ちの切り替えが出来ないというお子さんでも、一歩外に出ると大人の想像以上に気持ちをパッと切り替えることが出来るんです。

子どもってすごいですよね~。そんな姿を見ると健気だし良く頑張っているなぁと心の中で泣けてきます。

そんな園での様子を保護者に伝えることは保育士の大事な仕事の内の1つです。

連絡帳を通して、又はお迎えの時に口頭でお伝えすると「家では違います。」と仰るママがなんて多いことか。

お家で見せる顔と保育園で見せる顔は全然違うのですね。

これは保育園に限らず、幼稚園や小学校に通っているお子さんも同様のはずです。

そこでお子さんの頑張りを1日中見ている保育士から提案です!

帰宅後に「保育園(幼稚園)で頑張ったんだね」と一声かけてギューとしてあげてほしいのです。

大好きなパパやママに受け止めてもらえたら、それだけでお子さんの疲れも吹き飛びます。

ギューが恥ずかしい小学生には、とにかく口を挟まずにじっくりお子さんの話を聞く時間を設けてください。

5分、いや3分でも良いです。

その時の思いを聞いてあげるだけでお子さんはすっきりするはずです。

このアドバイスを実行されて「子どもが帰宅後落ち着きました」「帰宅後に出来ることもしないでぐずぐず言う理由がやっと分かりました」と仰るママもいらっしゃいます。

今日は一例しか挙げませんでしたが、園で頑張っていることはお子さんごとにまだまだあるはずです。

頭では分かっているけどなかなか実行出来ないママや、帰宅後もついつい厳しい言葉を投げ掛けてしまうママ、お子さんのぐずりにイライラしてしまうママなどいらっしゃると思います。

そんなママにお子さんの頑張りを少しでもご理解いただけたら、お子さんの帰宅後に母として何をすべきなのかがお分かりいただけると思って記事にしました。

子育て中のママに少しでもお役に立てたら嬉しいです。


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

子育て中のイライラを減らすために私がしていたこと

子育て中の私は全く余裕がなくて、恥ずかしながらイライラしっぱなしでした💦

出来ることなら保育士として経験と知識がある今の状態で子育てをやり直したいぐらいです。

孫のぴーちゃんに肩入れしてしまうのも、今私が知っている全てをぴーちゃんに伝えたいという想いがあるからです。

但し、娘は私のしていることに全く乗っかってこないので、2人で熱くならずに済んでいるのが幸いなんですけどね💦(先日妹に「ぴーちゃんはお姉ちゃんの子どもじゃないんだからね」と一言釘をさされました💦)

でもイライラしっぱなしだった私でも、これではいけないって分かっていたんです。

だから当時、自分なりに解決策を考えて実行していました。

そのいくつかをご紹介しますね。

・金切り声で怒っている最中→自分の鬼のような形相を思い浮かべる。(これはかなり怖い。笑)主人も仕事から疲れて帰ってきて、ブチ切れている奥さんを見るのはイヤだろうなぁとふと思ったんです。私が男性なら絶対イヤだもの。笑 自分の鬼の形相を想像すると、ヒートアップした頭を冷やす効果と、めちゃくちゃ大きい金切り声が少し小さくなったものです。笑

・食事の時にこぼされてイライラする時→これは簡単!こぼされても良い状態にすれば良いのです!スタイの先に吸盤が付いていて、机に張り付けるとこぼれた食べ物が全部スタイに落ちるという画期的な商品を私は使っていました。(確か赤ちゃん本舗で購入)これを使えばこぼしてもスタイだけ洗えばいいのでイライラしないで済みました。最近保育園でこの商品を使っている子を全く見ないので、もしかしたらもう売っていないかもしれませんが💦こぼされても手間暇かけずに片付けられる状況を考えることがポイントだと思いました。

・触ってはいけない物、危ない物を触られてイライラする時→いちいち「それ触っちゃダメ!!!」と叱ると親の体力が奪われますよね。笑 だから最初から触ってはいけないものは片付ける。シンプルな方法だけど、いちいち叱る手間と、子どもに駆け寄る手間がないので、結果的に親の私は楽でした。

・トイトレ中に粗相をしてイライラする時→子どもがトイトレ中でパンツの時は、和室は出入り禁止でした。畳におしっこをされたら臭いが残りますものね。その点、フローリングなら嘘でも笑いながら拭いておしまいに出来るのでイライラが減ります。

・なかなか寝なくてイライラする時→これも簡単!日中とにかく外で歩かせたり遊ばせて疲れさせる!体力のあった我が子たちにはこれが1番効果的でした。保育園の園児もお散歩した時に比べて、室内で遊んだ時の方が寝つきが良くないんですよね。やっぱり外の空気を吸う、外で様々な刺激を受けることは間違いなく快眠につながります。

・自分の時間が取れなくてイライラする→自分の時間を作ればいいんです!笑  我が子は朝6時に起きて夕方18時に寝ることを習慣にしていました。日中は子どもたちとの時間!と割り切って思いっきり外で遊び、その代わり18時以降は自分の時間だと自分に言い聞かせながら日中頑張っていました。笑

 

どうでしたか?

イライラする状況を作らないことがポイントだとお分かりいただけましたか?

みなさんもご家庭の状況やお子さんの性格に合ったオリジナルの方法を考えてみてくださいね\(^o^)/

子育て中のママのイライラが少しでも減りますように。。。


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

お子さんに色々な要求をしてしまう時の対処法

年中さんのお子さんを持つ友人がこんな小言を言っていました。

「最近息子がパパを馬鹿にしたり、パパの言うことを聞かなくて困ってるのよ~」

私はすかさず聞きました。「〇〇さん(友人)はパパを馬鹿にするようなことは言ってないの?」

友人「言ってる(;^_^A」

私「それが原因だよね」

友人「・・・」

私「〇〇さんが子どもの前でパパの悪口を言ったり、馬鹿にするような態度を取れば真似するに決まってるでしょ~(-_-;) 私は自慢じゃないけど(いや自慢です。笑)、子どもたちの前で主人の悪口は1回も言ったことがないし、生活出来るのはパパのお陰だと小さい頃から言って聞かせてきたよ。だから子どもたちも主人の悪口なんて言わないし、ましてや馬鹿にすることもないよ。もしそんな態度を主人にしたら猛烈に怒るわ。」

友人「(神妙な面持ちで)そうかぁ~。私が原因だったのね・・・これから気を付けなきゃ。」

私「いくらでもやり直しが効くから大丈夫!!気付いたときから直せばいいんだから!」

・・・・・・・・・・

その後友人がパパへの態度を改めたかは、まだ日が浅いことから聞いていません。

もし改めたとしたら、それに伴ってお子さんも変わっているはずなんですけどね。

どういうことかと言うと、お子さんを変えたいと思うなら、まず大人が変わらないといけないし、大人が変わればお子さんも変わるということなのです。

例えば親が挨拶をしないのに、お子さんに「挨拶しなさい」と言ったところでなんの説得力もありませんよね。でも親が普段から気持ちの良い挨拶をしていればお子さんは自然に挨拶を学んでいきます。

お子さんに「片付けなさい」と言っても、家の中が散らかっていたらお子さんはきれいにする術を知らないですし、やっぱり説得力に欠けます。でも大人が家をきれいにしていれば、きれいなことが当たり前になるのでお子さんも片付けることを覚えます。

お子さんに多くの要求をしてしまうママがいたら、お子さんにあれやこれやと望む前に、ご自身はどうなのかと一瞬立ち止まって考えてみてくださいね。一瞬立ち止まることが出来たら、その時点で少なからず頭がクールダウンしているので、お子さんに対する要求もそう多くはならないはずです。是非お試しくださいね。


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

お子さんの歯磨きに悩むママ必見!【ご感想】終わりたくないと泣くほど歯磨きが楽しい時間になりました

昨日未就園児向け「苦手を克服する方法」をアップしましたが、ひよこの2歳児クラスのママから歯磨きについてのご感想をいただきました。

「歯磨きで悩んでいる方、困っている方がきっと沢山いらっしゃると思います。つたない文章ですが、今日教えて下さった事が沢山の方に知っていただければ私も嬉しく思います。」と仰ってくださったのでご紹介しますね。Yさんの優しい気持ちが歯磨きで悩むママに届きますように。

 

・・・とその前にご覧いただきたい動画があります。立川デンタルクリニックの先生がブログでアップされていた動画です。昨日、ひよこの参加者にご覧いただきました。お子さんが歯磨きが嫌いな理由と、ママがお子さんの歯磨きをするためのヒントが満載の動画です。(所要時間は2分34秒)

以上を踏まえた上でご感想をご覧くださいね!

・・・・・・・・・・

今日はありがとうございました。
今日教えて頂いた歯磨きを早速実践してみました。効果がとても大きくビックリしたのと、私自身とても嬉しく、それをお伝えしたくてメールしてしまいました。

いつもはほぼ羽交締め状態で、嫌がるのを無理やり歯磨きしていたので、子供にとっても私にとっても長い事とてもストレスでした。歌を歌ったり、主人が前で踊ったりしながら四苦八苦していました💦
今日みなさんの歯磨きを見て、自分から膝の上に横になる事、自分で口を開ける事、とってもビックリしたと同時に、普段あまり歯磨きに向き合っていなかったなぁと反省しました…

子供の前で私が歯磨きをして見せる事はありましたが、今日教えて頂いた「子供に私の歯を磨いてもらう」というのはした事がありませんでした。早速今日試したのですが、本当にビックリ!とっっっても楽しそうに磨いてくれたんです!私が子供の歯を、子供は私の歯を楽しく磨きあいっこする事が出来ました。最後はまだ終わりたくないと泣いて嫌がる程…

忙しいと、つい何でも私がしてしまいがちです。その方が早いので…
でも今日は、いつもより時間が掛かっても楽しくできた事、お互いにストレス無く出来た事がとても嬉しかったです。忙しいと、時間に追われて慌ただしくなってしまいますが、明日も明後日も実践していきたいと思います。

長文で申し訳ありません💦
今日は本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・

Yさん、ご感想どうもありがとうございました!

今まで歯磨きが大変だったのですね・・・その分、楽しく取り組めた昨日がどれだけ嬉しかったのかが伝わってきて、私もウルっとしました。

歯磨きに向き合っていなかったと書かれていますが、そんなことはありませんよ!ちゃんと磨けるようにご夫婦で努力されていたではありませんか!!

お子さんの変化も素晴らしいですけど、ママの気持ちの変化も素晴らしいですね!ここまでの効果があったことを聞くと、みんなで歯磨きに取り組んで&動画も見てもらって本当に良かったなぁと思います。

先日のブログで「ちょっとした工夫やちょっとしたアドバイスで道が開けます」と書いたのはこういうことなんです。だから子育てに悩んだ時には独りで思い悩まずに、周りを頼って欲しいと思います。ひよこの在籍生や卒会生はもちろん私にお任せくださいね(*^-^*)

新しいブログになってからの在籍生初のご感想でもあったので嬉しさ倍増でした!私にとってご感想は財産なのです☆

さぁ~今度は在籍生に何をチャレンジしてもらおうかな~。親子共に成長出来る次の一手を考えたいと思います!


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら