子どもが感性豊かに育つ♪ガーデニングの活用方法🌸

こんにちは!村田真由美です。

今日は、親子でガーデニングはいかがですか~というおススメと、子どもが感性豊かに育つために、ガーデニングの活用方法について話をしますね♪

・・・というのも、facebookのお友達で、子どもにワクワクさせる体験を存分にさせているパパがいて♪ 続きを読む 子どもが感性豊かに育つ♪ガーデニングの活用方法🌸


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

指しゃぶりについて&保育士おススメ絵本「ゆびたこ」

こんにちは。村田真由美です。

ひよこで指しゃぶりについて質問があったので、指しゃぶりの過去記事をまとめました。また、「指しゃぶりがやめられた!」と話題になった絵本「ゆびたこ」についてもご紹介します。 続きを読む 指しゃぶりについて&保育士おススメ絵本「ゆびたこ」


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

こんなとき、あなたならどうしますか?

こんにちは。村田真由美です。

子どもがお菓子をパクッと一口食べて、「これいらない、次のを食べる!」と言ったら、あなたはどうしますか?

孫のぴーちゃん(3歳)が我が家に来たとき、正しくこのシチュエーションになりました。

保育士兼ばぁばの私の考えは?

最終的にこの件はどうなったの?について綴りますね。

続きを読む こんなとき、あなたならどうしますか?


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

【保存版】トイトレ特集

こんにちは。村田真由美です♪

もうすぐ春だからでしょうか?

トイトレの質問を受ける機会が増えてきたので、これまでアップしてきた記事をまとめました。

いつもお伝えしていますが、これが正解!

・・・ではありません💦 続きを読む 【保存版】トイトレ特集


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

足裏を鍛える方法とメリット

こんにちは!村田真由美です。

「うちの子、走ろうとしないんです」「うちの子はあまり歩かなくて」

これ、ひよこの2歳児クラスのママたちの声です💦 続きを読む 足裏を鍛える方法とメリット


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

考え方1つで!捉え方が変わります(実例)

こんにちは!村田真由美です。

昨日は「考え方1つで、捉え方が変わりますよ~」という話をブログでアップしました。

≫考え方1つで!捉え方が変わります

今日はその話にぴったりな実例があるので、紹介しますね♪

写真は3歳3ヶ月の孫のぴーちゃんが先日ふと書いたもの。
最初ピンと来なかったのですが、ひらがなの「ひ」なんですって!

娘に聞いたら、「ひ」を見かけたときに「これはぴーちゃんのひだよ」という程度には伝えていたけれど、書き方までは教えていなかったそう。

「突然、何も見ないで自分で書いたんだよ!びっくりした~。すごくない?!!!」と興奮冷めやらぬ様子。

うんうん、確かにすごい!

でもね、この時期にたくさん遊びこんだ子は、結果的に勉強もできるようになるし、人間としての器が大きく育つことを知っているので、3歳で字が書けたかどうかは興味がないんでよね~。笑

さて、娘は字を書いてほしくて教えていたわけではなく、たまたま目にしたときに、「ひ」の存在を教えていたことは、先ほど書いた通りですが、

もし「早く読み書きをしてほしい!!!」と教え込んで書いた字なら「あ~やっと書けた(-_-;)」と娘は思ったと思うのです。

でも早く書いてほしいという気持ちは娘には全くなかった。

つまり子どもに期待していないから、書けたときに感動したというわけです。

そして感動したから、心から「すごいね~。よく覚えてたね~」と褒めることができた。

子どもは大好きなママから認めてもらったことで嬉しいし自信になる。娘は子どもに期待していないから穏やかに子育てができて、親子ともにストレスフリーなる。

・・・とお互いがプラスのサイクルになっていることを発見したのです。

実は私、子育て中に娘に対して期待値が高すぎて、娘に申し訳ないことをしたと今でも後悔なんです。

これではいけない!!!と自分で気付いたのは、娘が18歳、私が39歳の時。ホントに遅すぎる気付きでした(+_+)

そして

・・・・・・・・・・・・・・

私を苦しめていたのは、当時の娘のおてんばぶりでも、勉強ができなかったからでもなく、こうであってほしいという子どもの理想像だった。

・・・・・・・・・・・・・・

これに気付き、こうあってほしいを捨て、娘の人生は私のものではない、娘自身の人生だと腹落ちしてからは、子育てをする上での気持ちがとっても楽になりました。

だからみなさんには、私を半面教師にしてほしい!

期待しすぎると子どもだけではなく、自分の首もしめるから。

それを心の片隅に留めて子育てすると、イライラも減るし、気持ちも楽になって、どんなに小さな出来事も感動できるようになって、ひいては親子関係が良好になりますよ♪

今日の話が、年賀状で子育ての悩みを書いていた、あの人とあの人とあの人etc・・・に届きますように✨


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

考え方1つで!捉え方が変わります

こんにちは!村田真由美です。
昨年12月の3歳児クラスの様子。 みんなイキイキと取り組んでいます✨↓

今日は考え方1つで捉え方は変わるし、イライラも感動に変わる。しかも子育てする上での気持ちがすっごく楽になりますよ~という話をしますね♪

突然ですが、子育てのゴールは子どもの自立です✨

自立とは、親の手を借りずとも、自分で考え、行動し、自分の力で生きていくこと。

そこに到達するためには、子どもが自分の力でがんばろうとしているときに、あれこれ口や手を出さず、ぐっと見守る。

上手くできないかもしれない。

大人の思っているような完成度ではないかもしれない。

でも、試行錯誤した結果だから、自分で考えて行動できたことを大いに褒める。

褒められた子どもは、大人に自分の頑張りを認めてもらったことで自信をつけて、またがんばってみよう!と思う。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

と今ならわかります、今なら。

でも子育て当時、見守る行為が1番きつかったなぁ~。

だって、手や口をだした方が明らかに早いもの。

でも、

・・・・・・・・・・・・

我が子であっても、1人の人間として尊重されるべき存在

・・・・・・・・・・・・

これに気付いてからは、親の思い通りにしたいという傲慢な考えはなくなって、「元気でいてくれるだけで幸せ💕」となりました。

そして何より、子育てをする上で、気持ちが本当に楽になったのです。

自分の理想に近づけようとするから、到達できない子どもを見て苦しくなるし、1人で勝手にイライラして、そんな私を見て子どもは委縮して悪循環になっていったんですよね(+_+)

逆に、求めていないことが出来たら、それはもう感動ですよね!めちゃくちゃ嬉しいし、褒めることも出来る。

気持ち1つで、こんなに捉え方が変わるということなのです。

これ、子どもだけではなく、誰に対してもそうですよ♪

例えばパパとかね。笑(パパにイライラしているママ、多いですからね💦)

相手に求めすぎて、それに応えてもらえないとイライラするでしょう?笑

だから求めないで、元気でいてくれるだけでしあわせ~と思うことにしてみてください♪。

そうすれば、思わぬところで応えてもらったときに「ありがとう」と感謝の気持ちが自然とわきあがってきますから(*^-^*)

今日はここまで♪

明日はママの気持ち1つで捉え方が変わる実際の話をしますね(^^)


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

失敗すると賢い子に育つ♪

こんにちは。村田真由美です。

いきなりですが質問です♪

あなたはどんな時に幸せを感じますか?

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

考えましたか?

答えをどうぞ♪

私はですね~、即答で「家族で過ごす時!」って答えます♡

元旦も家族でお節を食べながら「みんな健康で、こうして集まれて、なんてしあわせなの~♡」と思いました。(能天気ですみません💦でも本当のことなんです) 続きを読む 失敗すると賢い子に育つ♪


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

荷物を持たない!と孫が言った時の対応

こんにちは!村田真由美です。(この写真は何をしているときだろう?笑)

孫のぴーちゃんを久し振りに保育園に送っていった時のこと。

身支度のときに、娘がマフラーと手袋を身に付けさせようとしていたので、

「子どもは風の子。ちょっとしか歩かないんだから、そんなのいらない。」

と玄関に置いてきた🤣

歩き始めると、

「ばぁば、荷物持って~」とぴーちゃん。

いやいやいや~自分の荷物は自分で持とうよ😅

きっと、普段は娘が持っているんだな。

そう推測。

「見て見て!ばぁばね、これからお仕事行くから重い荷物を2つ持ってるの。だから自分の荷物は自分で持ってくれたら、ばぁば助かるな」

と伝えると、ビエ~ンと泣くぴーちゃん。

はい、もちろん想定内🤣

泣いたら持ってもらえるという思考を身に付けたくないけれど。

普段持ってもらっているなら、急に持ってと言っても持たないな。

そう判断して

「あそこの角まで持つから、そのあとは持ってくれる?」

と提案。

すると泣き止んでうん!と返事😆

角まで来ると、渋々、とぼとぼと荷物を持ち始めたぴーちゃん。

でも、私が1度言ったら曲げないことを知ってるから、持たないとは言わない。笑

巾着のひもが長くて足に絡まると、自分で考えた持ち方がこちら。

いいぞいいぞ~、いい感じ☺️

自分で考えて行動する!
こういう小さなことが、将来大きなことを判断することにつながっていく。

小さなことを判断出来ない子は、大きな判断をできるようにはならないから。

だから私はひよこでもぴーちゃんにも「どうしたらいいと思う?」「こっちとこっち、どっちがいいかな?」という選択を常にさせる。

さて、保育園に近付くと、知ってる顔に会い、「○○ちゃんおはよう!」「○○ちゃんのお母さんおはよう!」と元気全開に☺️

子育て中のママに対応方法の1つとしてお役に立てたらうれしいな☺️

少しの時間だったけど、子育てで伝えたいネタが満載の時間でした~😅


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら

断捨離のコツと心境の変化

こんにちは!村田真由美です。

断捨離を進めています。これまでの経過はこちら。

断捨離とのプロとの出会い
≫運命の出会いと断捨離①

断捨離のプロから言われたこと
≫運命の出会いと断捨離②

断捨離を通じて自分と向き合った
≫運命の出会いと断捨離③

断捨離1ヶ月目
≫断捨離のその後

断捨離の様子だけでは小学生の作文になってしまうので(笑)、そこから得たことをシェアしますね(*^^*) 続きを読む 断捨離のコツと心境の変化


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら