泣けた母からのメール

 

朝目が覚めると母からメールが届いていました。

「お誕生日おめでとう🎶✨😆✨🎶

陣痛が始まって2日がかりで生まれた子は 大きな眼を開けて生まれてきました ☺

頬にお父さんがチュッとしていました😚💓💓

そんな お父さんも天国で喜んでいると思います 😊

忙しいでしょうが 身体に気を付けてね。 おめでとう😊😊」

 

 

ヤバい、泣ける・・・

布団で読んでいた私は思わず毛布を被った。

自分が生まれた時の話なんて聞いたことがないし(正確には聞いたけど忘れてしまっていた💦)

亡くなった父のことが書いてあるのは完全にアウトだし

何より普段絵文字を使わない71歳の母が、一生懸命絵文字を使ってメールを打ってくれたのだと思うと自然とポロポロ泣けてきた。

どうしよう、なんて返信しよう・・・

普段の私ならお茶らけて返信していたと思う。

でも今日は違った。

ちゃんと返さなきゃって思った。

「お母さん、おはよう!

誕生日のメールどうもありがとう!

私も48歳になりました💦

家族にも恵まれて、周囲の方にも良くしていただいて本当に幸せな毎日です。

生んでくれてどうもありがとう。」

最後の1行は今日言わないと後悔する気がして、

今日言わないと言う機会も無くなる気がして

思い切って入れてみた。

母からは返信はなかったけれど、生んでくれたお礼を伝えることが出来て本当に良かった。

お母さん、いつもいつも忙しい娘でごめんね。

女の子なのにまめに実家にも帰らず、電話もしないで、メールもしないでごめんね。

いつまでも元気で長生きしてね。

真由美より


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



「泣けた母からのメール」への2件のフィードバック

  1. まるで昨日のことのように覚えているのですね。我が子が産まれた日のこと。
    メールの最初の文句がまるで2歳か3歳の子どもに当てているかのようで、わたしも同じ言葉を長女の誕生日に投げかけていたことを思うと、母親にとって子どもって幾つになっても子どもなんだな〜って思いました(^^)
    そう言えば、娘を産んだ時、母に「ママもこんな大変な思いをしてわたしを産んだんだね。ありがとう」って思わず言っていました。恥ずかしすぎて普段は絶対に言えない言葉だから、出産ハイで勢いで言えて良かったです(笑)

    まゆみ先生、お誕生日おめでとうございます(o^^o)

    1. ポンさん、早速のコメントどうもありがとうございます(*^^*)

      ポンさんの仰る通り、48歳になっても母にとっては子どもなのですね。
      実家に行くと髪型が似合わない、もっときれいな洋服を着なさい、そこの道路は1度停まってなどとうるさいことを言われますが(笑)、きちんと耳を傾けようと思います。笑

      ポンさんえら~い!
      ありがとうを伝えたのですね!
      ホント、勢いがないと言えない言葉ですよね(・・;)

      お祝いのお言葉どうもありがとうございます(;o;)
      今年も猪突猛進でがんばります!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です