新聞紙遊びあそびでストレス発散!

沖縄で梅雨入りしましたが、元気いっぱいの子どもが外で遊べなくなるのは辛いですよね(>_<)

そこで「新聞紙」を使った遊びをご紹介します。(4月に2歳児クラスで行った遊びです)

ご自宅でも出来る範囲でやってみてくださいね!

【新聞紙相撲】まずは下準備。半分に折った新聞紙を赤線で切ります。

切るとこんな感じ。

広げると2つの穴が出来ました。

穴にママとお子さんが頭を入れて、笛の合図でひっぱりあいます。穴が破けた方が負け~。意外に動かないで、じっとしていた方が勝ったりするんです。笑

慣れてきたら相手をチェンジ!今度はお友達同士で楽しみます。

写真はありませんが、新聞紙を丸めて穴にポ~ンと入れる遊びを始めたお子さんがいてビックリ!そんな遊び方があったのですね~。子どもの発想力にはかないません💦

【ア~ンパンチ!!!】下準備として新聞を広げ、赤線部分を予めハサミで切っておきます。

この新聞紙の端を大人2人が持って、離れた場所からお子さんが新聞紙目がけて走り抜けます。そのときにア~ンパンチの格好で走ると、お子さんも楽しくなりますよ!新聞紙って意外に丈夫なので、切れ目を入れておかないと破けないんです。ひと手間かけることで、小さいお子さんでも楽しく遊べるようになります(*^-^*)

【ビリビリやぶいちゃおう!】上記で使った新聞をちぎります。ちぎるという行為は、左右別々の方向に手首を返すということ。だから小さなお子さんには容易でないんです。でもママがやってみせると、お子さんたちも次第に破けるようになりました。

指先は「第2の脳」と言われ、指先を使うと脳が活性化されるという研究もされています。ただ新聞紙をちぎっているだけのように見えますが、指先に力を入れるので脳の活性化にも良いというわけです。

【上から降らそう】ちぎった新聞紙を桜のように上から落とします。言葉の習得のために「ひらひらしているね~」「桜みたいね~」「きれいね~」など声を掛けながら遊んでいます。「ひらひら」「ビリビリ」などの擬音語はお子さんの記憶に残りやすいので、言葉の獲得にもつながりやすいのです。

【みんな集まれ~】お子さんを中央に集めます。ママたちがお子さんに向けて一斉に新聞紙を降らすとみんな大興奮!お子さんたちの「キャ~」という声とママたちの「それ~」という声が会場内に響きわたります。笑 この写真は3年前の2歳児クラスです。なつかしい~。

【お片付け~】全員でちらかった新聞紙をカラーポリ袋に入れていきます。♬おかたづけ~♬の歌を歌えば、お片付けだってスイスイ!何事も楽しい雰囲気の中で行うことが、お子さんが動いてくれるコツです。「早く片付けなさい!!!」と怒鳴るより、よっぽど効果がありますよ!(保育園でも実証済み✌️)

【片付けて終わり・・・ではありません】新聞紙が入ったカラーポリ袋をガムテープで巻いていくと、巨大な新聞紙ボールに大変身!投げたり、蹴ったり、みんな思い思いに遊びます。

取り合いになったらしばらく様子を見ています。どうしても折り合いがつかない場合は「か~し~てとお願いしてごらん?」と助け船を出して、あとは子ども同士でやりとりをさせます。このようなリアルな経験を積み重ねていくと、入園後にお友達とのコミュケーションが上手くいきます。

新聞紙遊びのご紹介はこの辺で。他にもたくさんの遊びがあるので、またご紹介しますね!

新聞がないよ~という方はご実家で調達したり、ポストに入っていたチラシを使ったり、書き終わったお絵描き帳などを代用してくださいね(*^-^*)

また、もし家では新聞紙あそびなんて出来ない!と思われたら

部屋が汚れることを気にしないで思いっきり楽しめるひよこで一緒に楽しみましょう(=^ェ^=)

・・・・・・・

余談ですがひよこで新聞紙を使うとき、新聞紙を見せながら「これなぁに?」と必ずお子さんに聞いています。

スマホでニュースを見るので、新聞を取っていないご家庭が多くて

お子さんが新聞を目にする機会がないからです。

昔は夏休みになると「新聞をポストから取ってくる係」としてお子さんにお手伝いをさせるご家庭も多かったんですけどね~(>_<)

・・・と、この話にうなづいた方は私と同じ年代の方です。笑

 

【5月の無料体験日】お申込みは下記のお申込みフォームからお願いしますね♡

2歳児水曜日クラス:5月29日(水)

2歳児金曜日クラス:5月24日(金)

3歳児第2第4クラス:5月27日(月)

 


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です