お子さんの指しゃぶりについてpart3

以上の理由から私なら指しゃぶりをしていない時に「〇〇ちゃん、指しゃぶりしていないね~!」とか「うわぁ~○○ちゃん指しゃぶりしないでお姉さんだね!」と明るく笑顔で声を掛けます。

明るく笑顔で~は、無表情で言うと『本当はそう思っていない』とお子さんは本能で察するからです。

子どもを決して侮ってはいけません。お子さんはどんなに小さくても、そういうことを見抜く鋭い勘を持っていますからね!

だから私は大人にもお子さんにもお世辞は言いません。本当に思ったことしか口にしません。そんなに褒めるところないよ~と思われるかもしれませんが、どんな大人でもどんなお子さんでも褒めどころは満載だと思っています。

あんまりしつこく褒めるとかえって指しゃぶりを思い出させますし、褒め殺しのような状況になるのは本末転倒なので、午前、午後、寝る前に1回ずつ指しゃぶりをしていないことについて褒める位がちょうど良いと思います。

それから子育ての悩みって時が解決してくれることも多々あります。

・・・と書くと無責任に聞こえるかもしれませんが、本当に時が解決してくれるのです。トイトレ、野菜を食べないなどもそうですね。一生オムツをしている子はいないですし、大きくなるにつれて味覚も変わって食べるようになるからです。

あと、私だったら指しゃぶりをする原因はなにかな~と考えます。どんなに良い解決方法を思いついても、原因を突き止めなければ真の解決にはならないからです。

親子のスキンシップが足りているかな~とか、指しゃぶりを忘れるくらい思いっきり遊ばせているかな~など。赤ちゃん返りなども考えられますね。指しゃぶりをしているお子さんを持つママは色々対策をされていると思いますが、根本的な原因を見付けて対応することも大事だと思います。

最後に・・・ゆびだこの作者「くせ さなえさん」が絵本の最後に書かれていたことを抜粋させていただきますね。

「ゆびしゃぶりをやめたいなあ・・・・・とおもっていましたが、ぜんぜん、やめられませんでした。でも、きがつくと、いつのまにか、ゆびしゃぶりをしなくなっていました。(省略)ですから、ゆびしゃぶりをやめられないみなさん、しんぱいしなくても、だいじょうぶ。ゆびたこを「おいしくない」と、おもうときが、きっと、きますから。」

これを見て気付いたことがありますか?全部ひらがななんです。自分で読める子に対して、又、指しゃぶりをやめたくてもやめられない子へのメッセージなんです。作者のくせ さなえさんはとってもお優しい方なのだと思います。作者の優しい気持ちがお子さんの心を捉え、指しゃぶりから卒業出来る子が1人でも増えると良いですね。

そしてポンさんの仰る通り、頭ごなしではなく、言い聞かせて自発的にやめられたら最高ですね!これからもブログで経緯を温かく見守っていますね。

「指しゃぶりをこうしてやめさせました!」という先輩ママの体験談があったら、是非是非下記にコメントしていただけたら嬉しいです(*^-^*)

このHPでみんなでシェアし合って、楽しく賢い子育てが出来るように応援出来たらと考えています。(HPのアドレスがhiyoko-oyako -ouenとなっているのは子育て中のママを「応援したい!!!」と思っているからなんです!)

長文をご覧いただきましてどうもありがとうございました。お休みの日にお時間を取らせてしまいすみません💦


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



「お子さんの指しゃぶりについてpart3」への2件のフィードバック

  1. こんにちは(*^^*)
    今回はコメントを採用して頂いて、こうして一つの記事にして頂いてありがとうございます。
    とても興味深くて一気に読んでしまいました!
    そしてさっそく実践!!笑
    娘が指しゃぶりをしようとして、でもしちゃダメなんだという葛藤の末、しないという選択をする時がたまにあるんです。わたしはそんな時、心の中で「なんて偉いんでしょう!」と涙ぐんでいたのですが、今日はその気持ちを思い切り声に出して伝えてみました。考えてみれば、どうして今までそうしてこなかったのか不思議です笑
    娘はニコっと笑ってしばらく我慢した後、また指しゃぶりするのですが(笑)わたしも心に余裕が持てるというか、可愛いな〜♡と思いながら気長に実践していこうという気持ちになりました(*^^*)
    そして、これは他のことにも通用することに気付きました。
    ウンチをした後いつも逃げる娘にてこずっていましたが、今日は「ウンチ出たんだね!良かったね〜♪スッキリしたよね〜♪」と、ウンチが出るのはとっても良い事だよ!!って伝えたら、まあビックリ!素直にオムツ交換に応じてくれましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
    きっとその行動には子供なりに色々理由があるんだなって改めて思いましたし、わたしも悪気はないけど例えば「ウンチは“ばっちっち”だから早くキレイにしよう!」とか、ずっとマイナスの言葉を使っていたことを反省しました。
    あれ?なんだか、指しゃぶりの話が最後ウンチの話になってしまってすみません( ̄∇ ̄)
    まゆみ先生のお話とても勉強になりました!ありがとうございます(≧∀≦)

    1. ポンさん!嬉しいコメントをどうもありがとうございました(´;ω;`)ウゥゥ
      アップした後、ブログを読んだ友人から「長文だね(-_-;)もっと簡潔に書けたら良かったけど、伝えたい気持ちが溢れてて略すことも出来ないのも伝わってきたわ」と指摘をされました
      そこで急遽part1~part3に分けたのですが、それでも長くて自分でも『やっちゃったな~(+_+)』と思っていました。
      それなのに、ポンさんにはちゃんと私の言いたいことが伝わっていたのですね。
      あの私の文章でやるべきことを察することが出来たポンさんはさすがだと思いました!
      更にウンチにまで考えが及ぶとは・・・勘の鋭さはピカイチですね!!!
      子育てをしていたり、保育士として保育をしている時もそうですが、どうしても子どもの出来ないことに注目しがちです。
      でも少しでも出来たことに注目するとお子さんはすご~く伸びます!!!
      注目出来たらそれを是非言葉にしてくださいね!
      今後の子育てにお役に立てたら嬉しいです(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です