食事中に歩くお子さんに試してみてね!

昨日は1、2歳の子どもの特徴と
教室で子どもが集中するために
事前にわたしがしていることを
お伝えしました。

≫教室で子どもが集中するために
事前にしていること

今日はそれをご家庭で応用する
方法についてお話しますね!

家でも応用できますよ!

食事中にお子さんが歩いてしまい
お困りのママはいませんか?

ひよこ親子教室では
お子さんが集中できるように
事前に不要な物を片付ける
布で隠していますよ~と
お伝えしましたが、

これは、家での食事のときにも
応用が効きます!

食事の時に
子どもの興味のあるものが
目につくところに置いてあると

気になる

集中力が途切れて歩く

結果食べない

と困ったことになることも。

 

 

そんなときに、
もし可能なら

子どもが興味のあるものが
置いていないお部屋、

あるいはすっきり片づけが
されているお部屋で
食べるというのも1つの手です。

興味をひくものがないから
食べることに集中するように
なります。

 

 

これを実感したのは保育園に
勤務していたときのこと。

担任をしていた1歳児クラスでは
(ひよこで言うと2歳児クラス)

1つのお部屋を
ロッカーで仕切り
2つのスペースに分けていました。

1つのスペースは
食べたり、工作をするときなど
集中して取り組むときに使うので
机と椅子以外置いていませんでした。

もう1つのスペースは
あそんだりお昼寝をするための
スペース。

これを提案したのは10年目の
主任先生でしたが

目的別のスペースは
1歳児クラスの保育には
ピッタリだったのです!

そして園児にとっても
あそぶときはあそぶ、
集中するときには集中すると
行動にメリハリがつきました。

環境設定の大切さを
つくづく感じたと同時に
これはご家庭でも
応用が効くと思いました。

 

 

もし家中、荷物がいっぱいで
すっきりしたお部屋で食べることが
難しい~という場合には

食べることに集中するために
なるべく物が見えない方向に
お子さんを座らせるというのも
1つの手ですよ!

どうぞお試しくださいね。

あっ、でも食事は本来
楽しい雰囲気の中で食べることが
お子さんが食べるコツなので

上記の提案は、あくまでも集中して
食べずに困っているときの方法だと
思ってくださいね。

 

あ~、もうちょっと語りたい💦
続きは次回に!

 

食事について書いた過去記事です。
良かったらご覧くださいね。

≫食事を食べないお子さんに対してご家庭で出来ること

≫ お子さんが食事を食べるための10の工夫(前編)

≫お子さんが食事を食べるための10の工夫(後編)

≫保育園の食事中にわたしが意識した「たった1つのこと」


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です