孫のぴーちゃん 生後10ヶ月の成長記録part1

私の愛するぴーちゃんが生後11ヶ月になりました♡
一言で言えば可愛くて可愛くて仕方ありません。笑
先日娘に「私のこともこんなに可愛い可愛い言って育ててくれたの(-_-;)?」と皮肉たっぷりに聞かれました。
確かに娘は我が子ですから可愛かったですよ!

でも・・・孫の可愛さとはまるで違うのです💦
どう言葉で説明したら良いのか分からないのですが、やっぱり心に余裕があるからなんでしょうね~。
娘の時は初めての子育てで余裕なんてこれっぽっちもなかったですから。

良く孫は無責任でいられるから可愛いと言われますよね。
でも私に関しては100%否定します!
だって0歳~3歳の間にパパやママ、加えて私のような周りの人間が、どれだけ温かく丁寧に接してきたかで、子どもの土台が変わることを20年の保育歴の中で知っているからです。
だからそれが孫であろうと無責任に接するなんて私にはあり得ないんです。

この件を語り始めると止まらなくなるので、ぴーちゃんの成長記録に話を戻しますね。

さて、保育園や幼稚園には「五領域」と呼ばれる教育内容があります。
「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5つです。
この五領域を意識しながら保育園や幼稚園では保育をしていますが、今日はこれに沿って話を進めますね。

「健康」
●ぴーちゃんは朝6時に起きて午前中に2時間お昼寝をして、夜は20時には完全就寝という規則正しい生活を送っています。
規則正しい生活は健康にも情緒の安定にも大きな影響を与えるので非常に大切です。
私も子育て中は規則正しい生活を重要視してきました。
我が子は入園前まで6時起床、18時就寝を習慣にしてきたんです。
この生活リズムのお陰で健康で病気知らずでした。
ぴーちゃんもこれまで風邪をひくことなくここまで来ています。

●食事は3食きっちり食べています。
というより与えれば与えるほど食べるので、与える量に気を付けなければいけないほどです。
栄養も十分摂れているのでミルクもほとんど飲んでいません。

食事をあげている時に汁物をおわんから直接飲む方が上手だと気付いたので、飲み物、汁物はスプーンやストローなどを使わずに直接飲んでいます。
がめついから(笑)スプーンやストローで少しずつ飲むのが億劫のようです💦
今は少量の飲み物なら両手でコップを持って自分で飲めるようになりました。
食に関してだけはぴーちゃんの関心がとても高いので、その部分だけ脳が発達している気がします。

但し・・・食事が終わると「もっとちょーだい!!!」と大泣きして暴れます。
これは保育士的には見過ごすわけにはいきません。
なぜかと言うと、暴れればまた食べ物をくれるという悪い学習を脳がしているからです。
娘はそんな小難しいことは分からないはずですが、ぴーちゃんが暴れ始めると食べ物がないところに連れていき気分転換をさせています。
第一子だと泣かれると困るし、あげれば泣き止むからあげてしまいそうな気がしますが、普段のんびり育児をしている娘が凛とした対応をしているので感心しながら見ています。

●トイトレは相変わらず我が家に来た時だけ行っていて、私がタイミングを逃さなければ補助便座でします。
お尻が赤くなっていたりすると早くオムツを外してあげたい気持ちに駆られますが、娘には娘の考えがあるのでトイトレを強要していません。

●歯が4本生えてきました。
娘婿のお母さんが歯科衛生士の学校の先生なので、そろそろ歯磨きをするように言われたそうです。歯磨きに関しては私も興味があってこれまでブログで色々綴ってきたので、それを実践してまたブログでご報告しますね!

五領域の1つ目だけしか語れませんでしたが、長くなってきたので2つ目以降は日を改めますね。

ぴーちゃんのこれまでの成長に興味のある方はこちらをご覧くださいね。
ぴーちゃんの成長記録


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です