GWにぜひ!1歳~3歳までの親子にお勧めの絵本

GWも残り3日となって、そろそろ外で遊ばせるのは疲れっちゃった~というママ!

時間のあるGWだからこそ、親子でじっくり絵本を読んでみませんか?

今日はひよこや保育園で読んだ時に、お子さんが集中した絵本や「もう1回読んで!」と何度もリクエストされた絵本をご紹介しますね!

下にいくほど文字の量が多い絵本となっています。

 

 

「おやさいとんとん」さく:真木文絵 え:石倉ヒロユキ 岩崎書店 定価:本体600円+税

色々な野菜が出てきて「とんとんとん」と切っていきます。この「とんとんとん」という繰り返しの言葉が、お子さんには心地良く感じ、安心感を与えます。ひよこの2歳児クラスでもかなり集中して聞いていた絵本です。

切った野菜はどんなお料理になるのかな~。そのお料理の絵に手を伸ばし、食べる真似をしたお子さんたちがとっても可愛かったですよ♡

 

「まま みてて」作:まどかななみ 絵:宮西達也 ポプラ社 定価:本体800円+税

子どもはママに注目してもらうことがだ~いすき!!!ままが見ていてくれたら、お子さんは俄然がんばっちゃいますよね!

絵本の中では「まま みてて!」と子どもが言いながらズボンを1人で脱ぎ、パンツも脱ぎ、トイレへ。補助便座もトイレに置いて、おしっこが出来ました!

1人で出来ないことがある場合には、読み聞かせの後に「○○もズボンを1人で脱いでみる?」などの声掛けをすると「ぼく(私)もやってみよう!」と思ってくれるかもしれませんね。でもあんまりしつこく誘うのはNGですよ~!『この絵本のあと、何かやらされる・・・』とお子さんが思ったら絵本自体が嫌いになってしまいますから💦「やだ~」と言われたら潔くまたの機会にしましょう。笑

 

「もりのおふろ」さく:西村敏雄(としお) 福音館書店 定価:本体800円+税 ※2歳~4歳むき

動物たちが次々とやってきて前にいる動物の背中を洗います。絵本の中に出てくる「ごしごし しゅっしゅ」という言葉をみんなで言って楽しんだり、親子で読んでいる場合には、ママがお子さんの背中を洗う真似をすると親子でより楽しめます!逆に「ママの背中をごしごししゅっしゅして」と言ったら、お子さんは喜んでやってくれるはずです。動物がたくさん登場するので動物の名前も覚えることが出来ます。最後に全員でおふろにどぼ~んと入るので、私は絵本の前後に「おふろ」の手遊びを一緒にします。絵本と手遊びで楽しさ倍増です!!!

 

「おおきくなったら」さく:ふくだとしお・ふくだあきこ 幻冬舎 定価:本体1,300円+税

ひよこがにわとりに、おたまじゃくしがカエルに、けむしがちょうちょに、種はひまわりに・・・と成長する姿が描かれています。ではありさんはどうなるの?ラストのありさんの言葉がとても優しくて心がほっこりします。

お話の出来るお子さんなら「おおきくなったらどんなふうになりたい?」と聞くと、答えてくれるかもしれませんね。絵本は読んでおしまいではなくて、このように読んだ後のやりとりが親子の会話を広げてくれます。

 

 

「パンダのあかちゃんおっとっと」作:まつもとさとみ 文:うしろよしあき 絵:わたなべさとこ 角川書店 定価:本体950円+税

〈100人の保育士さん推薦!〉という帯を見て買った絵本です。保育園の1歳児クラスで読んだら大好評!!!「おっとっと~おっとっと~」で体を左右に動かしたり、話せる子は「おっとっと~おっとっと~」と笑顔で言っていました。年少さん~年長さんの前でも読んだことがありますが、この絵本を丸々暗記して私と一緒に朗読してくれる園児もいましたよ!言葉の響きや、絵本の途中から出てくるカエルの表情も、園児たちにはツボだったようです。

・・・・・・・・・・

子どもは絵を見て絵本を読んでいます。その証拠に絵に注目して「くまさんが泣いてる~」「にんじんさんがわらってる~」って言うんです!園児に言われて『え?そうだったの?』ということもしばしば💦ですから絵をじっくり見せながら読んであげてくださいね!

それから裏表紙も物語の1つです。ここにオチがある絵本も結構あって、年長さんは裏表紙のオチを見て笑う子も結構いるんですよ!

絵本選びの参考になったらうれしいです(*^-^*)


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です