緊急事態宣言中にがんばり続けたママたちへ

突然ですが質問です。

お子さんがママのお手伝いをしています。もし失敗をしてしまったとしたら、どんな言葉をかけますか?

ちょっと考えてみてくださいね。

 

「も~う😡なにやってるのよ😡😡😡」

ですか?

それとも

「もうやらなくていいよ😡😡😡」

ですか?

実はこれ、子育て中に私が言っていた言葉です💦

自分でやった方が手っ取り早いし、

子どもは失敗から学ぶことがたくさんあるのに、先回りをして失敗を回避してしまう、本当に至らない母親でした。

どうしてこんな話をするかと言うと、
このエピソードを元に、子育て中のパパママにお伝えしたいことがあるからです。

 

孫のぴーちゃんを預かる生活がスタート

娘が二人目を出産して入院中のため、ぴーちゃんを預かる生活がスタートしました。

≫二人目の孫が生まれました

この間にたくさんのことを経験させて、ぴーちゃんの個性を伸ばしたいと鼻息荒い私😝

・・・と言っても特別なことをするわけではないですよ!

私がすべきことにぴーちゃんも巻き込む作戦です

ひよこ親子教室のオンラインに一緒に参加したり、掃除、洗濯、食事などの家事を一緒にしたり。

食器洗いにも初挑戦!

想像以上に丁寧に洗い、教えてもいないのにお皿を伏せて置き、ピカピカに拭いてくれてばぁばは大助かりでした😊

でも実はこの写真の直後、手をスベらせて食器を割ってしまったんです💦

初めてだから、プラスチックの食器だけお願いすれば良かった・‐・と思っても後の祭り。

でもぴーちゃんは「ごめんね・・・」と言いながら割れた食器を拾おうとしたので、慌てて止めました。

「ケガしてない?お手伝いありがとうね。ばぁばは本当に助かったよ!」

そう伝えました。

もちろん本心です。

でもね、これが子育て中の私なら、きっと割られたことにイライラしていたはず。わざとじゃないのにね・・・

 

子育てを振り返り思うこと

子育てを振り返って、当時の私に言いたいことがあります。

 

なんでそんなに焦っていたの?

そんなに叱る必要あった?

何に対してそんなにイライラしているの?

って。

 

別にそんなに焦る必要もないし、

いちいち鬼の形相で叱る必要もない、

ましてやイライラを子どもにぶつけるのは筋違いだよって。

 

きっと私は、「~しなければならない」ことが多すぎて、自分で自分の首をしめていたんですよね。

 

今ママたちから届く声に対して提案したいこと

今、ママたちからこんな声が届いています。

子どもの勉強を見て、3食も作って、下の階の方に音が響かないように気を遣い、パパがテレワーク中はうるさくないように声を潜めて、そんな生活に心底疲れてしまったと。

そんなママたちの声を聞くたびに、ママたちの心を整えることが急務だと感じます。

ママの心が整えば余裕もできるし、ひいてはお子さんに対してより良い接し方ができるからです。

 

そこで十分すぎるぐらいがんばってきたママたちに、1つ提案があります。

次のお休みに、おもいきってパパにお子さんを任せてみませんか?

子育ては夫婦でするものだし、ママが全部を背負わなくても良いのですから。

そう断言できるのは、かつての私も勝手に一人で背負い込んでイライラしていたから。

しかも我が家の場合、主人が子育てに超協力的だったにもかかわらずです。

誰かに頼ることができない性格が仇になっていました。

 

お子さんにきつく当たってしまい後悔しているなら、正直にツラい気持ちを話して、パパに委ねませんか?

ママがリフレッシュができたら、ママもよし、ママの笑顔を見たお子さんも笑顔になります(o^-^o)

そしてパパもお子さんとの関係性が深まるので、みんながハッピーになるのです。

 

我が子であっても、24時間べったり過ごすのは本当にしんどいことです。

私も子育て中は自分だけの時間が欲しいと、何度思ったことか。

パパも平日のお仕事でお疲れだと思いますが、

ママの心の叫びを受け止めて、お子さんと過ごす時間を設けてくれたら

ママはそれだけですごく心強いし救われます。

そして何より心と身体の負担がぐっと減ります。

私から言うのもおこがましいすが、ぜひご協力をお願いしますね。

 

疲れ切ってしまったママたちが、パパの協力によって少しでも元気を取り戻せますように。


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です