運命の出会いと断捨離③

こんにちは!村田真由美です。

断捨離の話、想像以上に反響があってビックリしています💦

アクセス数はいつもの3倍💦

「この後、どうなるの~?」「続きが楽しみ♪」とたくさんの方から連絡をもらって♪(できれば子育て情報の時に反応していただけると励みになります。笑)

これまでの経緯はこちら↓

≫運命の出会いと断捨離①

≫運命の出会いと断捨離②

 

タイトルに「運命」と書いた理由

ブログを読んで欲しくて、オーバーに書いたわけではないんです💦

自分の計画にはなかった、屋根裏から片付けるのも去ることながら、お茶をした時の話が、今の私にはものすごく響いたから。

覚えている範囲では(←この理由はのちほど)こんなことを言われました。

「真由美さんは私が言わなくてもぜ~んぶわかってるのよね。もっと自分を大事にして。それが身に付いたら真由美さんは最強よ🎵」

“自分を大事にして”

これ、実は思い当たる節がありました。

というのも、私のこれまでの人生、いつも自分以外のことばかり優先してきたから。

 

例えば・・・

●時間もないのに他者のことばかり優先。その結果、私のやるべきことは寝る時間を削ってやってきた。

→他者のことを優先しても、睡眠時間を2、3時間にすれば自分のやるべきことは出来ていた。また、22年間教室を1度も休んだことがないほど健康なので、睡眠時間を削ることになんの疑問も持たずに来てしまった。

●イヤなことがあっても、自分さえ我慢すればこの場が丸く収まるという考えで生きてきた

→私が何か言葉を発して、いざこざが起きる方が私にはめんどくさかった。そうなるぐらいなら、自分が我慢すればいいって思ってきた。でも後からじっくり考えると1人モヤモヤすることも。でもその思いは決して相手には伝えなかった。

●頼まれるとイヤとは言えない

→今は知恵もつき、頼まれそうなときは関わらない。でもそれが出来るようになったのは、つい最近のこと。それまでは、自分の時間を大量に割いてでも、頼まれごとを優先。でも相手はそんなことを知るわけもなく(私が言わないんだから当たり前だれど)、村田さんに任せておけば大丈夫だと思われることも多々あった。

これはほんの一例。

こうして言葉にすると、自分を大事にしてきたとは到底言えず、自分がどうしたいのかも見えてこない。

つまり自分軸がない。

薄々分かってはいたけれど、昭子さんの「自分を大事にして」の一言で目が覚めた感じがした。

他にも体のことや話し方、所作などにまで話題が広がった。

実はこれらのことは、昭子さんに言われたのが初めてではない。

ここ最近、友人、知人から指摘されていた事ばかりだった。

「それ、Aさんにも言われたことがある!」「あれ?それはBさんに言われたことがある!」という感じで。

それが土台にあったからこそ、今回点と点が繋がって線になったのだと思う。

冒頭で「覚えている範囲で」と書いたのは、心に染みすぎて、突き刺さりすぎて、お恥ずかしいことに泣きっぱなしだったから。

こんなに泣いたのは、いつぶりだろうっていうぐらい。

だから細かい話はあまり覚えていないけれど、とにかく心揺さぶられたのは確かだった。

本当の私は・・・

しっかり者に見られるけど、かなりのおっちょこちょいだし

悩みがなさそうってよく言われるけど、悩みを悩みとして捉えないようにしているだけ。

仕事もやりたいことを突っ走ってやっているように見えるけど、実は新しいこと(特に仕事に関して)はめちゃくちゃ臆病で、『あれ?私ってこんな性格だったっけ?』と不思議に思うほど。

だけど、断捨離をするって決めたことで、そして昭子さんと話したことで、実は自分の感情に蓋をして49年間生きてきたことに気付いてしまった。

だから私にとっては、運命の出会いと言っても過言ではなくて。

断捨離って物の整理だって思っていたけれど、実は心の整理。
今回つくづく実感しました。

 

 

霊感が強いわけではないけれど、時折、父が吸っていたセブンスターの匂いが自分の周りですることがあって、父が傍にいて守ってくれていることを普段から感じている私。

≫父との思い出

その父が昭子さんを通して、私に話をしているように思えてならなかった。

だから余計胸に染みたんだと思う。

元気だけが取り柄の私が、昭子さんが帰ったあと、あまりの衝撃でしばらく放心状態になった。

部屋の片づけをするだけ。

2階の各部屋がリビング並みにきれいになったらうれしいな。

もうすぐ50歳だから終活に向けて、1度荷物の整理をしたいな。

そんな感じのノリでお願いしたけれど、まさか自分の本当の気持ちに気付いて向き合うことになるなんて。

昭子さんに出会わなければ「自分さえ我慢すればいい」という考えで一生、生きていたと思う。

でもそんな自分とはさようならしたい。

もっと自分の感情を大切にしたい。

自分を大事にするって私には難しいけれど、小さなことから実践していこう。

この片付けで要らない物はもちろん、要らない思考、要らない思い込みを捨てて、しなやかな心を身に付け、人生後半を軽やかに生きていこう。

 

 

次回昭子さんとお会いするのは12月末。

それまで不要になった物に感謝をしながら、捨てる作業を進めます。

今日、段ボール、箱類を捨てたら、それだけでスッキリ感が増して♪

そして腹をくくったせいか、見る物見る物がゴミに見えてくるからオモシロイ。笑

片づけの様子や感じたことは、追々アップしていきますね。

このシリーズは一旦おしまい(^^♪

長文をご覧いただいてどうもありがとうございます(*^-^*)


平成10年開設 1歳~3歳児対象 無料体験実施中
親子で楽しみたい方是非いらして下さい!
HOMEクラス一覧ご感想アクセス
公式LINEFacebookInstagram
お申し込みはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です